365日をH棟で

365日をH棟で

大学院生。のんびり。

一晩だけの関係未満。

冷静になって考えたら、テラス・マーティンもクリスチャン・スコットも、別にそこまで観に行きたいわけでもないと気付き、キャンセルしてしまった。

squaredjackets.hatenablog.com勢いで会う約束をしてしまった女だが、よくよく考えたら付き合いたいとは思わないし、抱きたくもない。そういう感じだ。BNJFの傷はBNJFでしか癒やしてもらえない。来年こそは行くぞ!オーッ!

~~~~~~~~~~~~~~~

かといって、BNJFで使う予定だったマネーをそのまま全額貯金するほど、デキた人間でもないので、秋冬春用のアウターを買ってきた。UNIQLO × INÈS DE LA FRESSANGEのステンカラーコート。

www.uniqlo.com

生まれて初めて、セール以外でアウターを買った気がする。
去年辺りから欲しかったステンカラーコートが、良いタイミング、良いクオリティー、良い価格で出てきた。

ユニクロの通常ラインは定期的に期間限定価格でお買い得になる。また、売れ残った商品も大体1, 2ヶ月で値下げし始める。ユニクロ×ルメールユニクロU等のコラボアイテムに関しても、売れ残るとスグに値下げが始まる。だから、ユニクロの商品を定価で買うことはほとんどない。3~5割引で買うのが普通。
しかし、このコートはなんだか売れ行きが良いらしい。値下げした頃にはMサイズが残ってイネス、失礼、残っていなさそうなので、思い切ってプロパーで買っちゃった。ちなみに僕が買ったUNIQLO OSAKAでは各色、各サイズ残り1, 2個でした。

色はオリーブ。30分ぐらい、ベージュと迷った。というか、今でも迷ってる。しばらく使ってみてオリーブにピンとこなかったら、ベージュと交換してもらうかもしれない。尤も、その頃にはもう在庫が残っていない気がするけれど。財布と心に余裕があったら、もう一着買えたのにね。

当ブログはファッションブログとかではないので、細かいレビューとかそういうのはしないけれども、個人的にはかなり満足の行く買い物が出来た。ユニクロUの2017AWで、形と色味がよく似たブロックテックコートが発売されるようだけれど、値段が3,000円ほど安くなっている分、イネスの様なドッシリした雰囲気は無いような気がする。というか、そうであってくれ。

ところでそのユニクロが、大阪駅ルクアイーレに新店舗をオープンしたんだとか。これで大阪梅田エリアには
・OSAKA
大丸梅田店
ルクアイーレ店
ヨドバシカメラ梅田店
の4店舗があることになる。OSAKAは旗艦店、大丸梅田店ルクアイーレ店も大型店。
ユニクロ×イネスはユニクロUやユニクロ×JWアンダーソンと比べて、取り扱い店舗が極端に少ないけれど、そのうち3つが大阪梅田エリアに偏っている。個人的にはありがたいけれど、ユニクロ地域間格差は益々大きくなっている気がする。僕の地元(奈良)にはユニクロUの取り扱い店舗すらほとんど無いし。
オンラインストアがサービスを含めて充実しているとはいえ、やっぱり実店舗で商品を見て決めたい気持ちはある。

会ってみて初めて、関係を持ちたいと思えるのかもしれないし。
(結局この話に行き着く)