squaredjacketsのブログ

365日をH棟で

音楽が好きな大学院生。ジャズをメインに色々…

カマシ・ワシントン@ビルボード大阪 16/12/5

f:id:squaredjackets:20161206101051j:plain

 

カマシてきました。

 

f:id:squaredjackets:20161206101214j:plain

 

メンバーは以下の通り。

Kamasi Washington (Ts)

Rickey Washington (Ss, Fl)

Ryan Porter (Tb)

Patrice Pitman Quinn (Vo)

Brandon Coleman (Key)

Miles Mosley (B,Vo)

Tony Austin (Dr)

Ronald Bruner Jr. (Dr)

 

昨年リリースされ、世界中を虜にしたThe Epicの中心メンバーが勢ぞろい。オリジナルメンバーが揃っていると、安心度はかなり高い。キーボードのブランドン・コールマンは昨年ビルボードでの単独公演も行なっています。

チケットを取るのがギリギリで、カジュアル席はSOLD OUT。自由席も残りわずかで、購入直後に売り切れ。整理番号も最後の方だったため、席の空きも両端のみ。結局、左端の真ん中ら辺の座席を選択。メンバー全員の顔がよく見え、音もハッキリ聴こえる良席でした。残り物には福があるネ。

大きな拍手と歓声に迎えられ、メンバーが入場。1曲目はRe Runオクターバーをかけたライアン・ポーターが唸ります。続くカマシのソロも、落ち着いたところから始まったのが、バンドのサウンドと完全にシンクロしたまま少しずつ盛り上がっていき、最終的にはドカーーーーーーーン(語彙不足)。圧倒的なグルーヴと轟音の渦に、のっけからヤられてしまいました。

2曲目にはブランドン・コールマンをフィーチャーしたThe Next Step。キーボードの鬼が繰り出す怒涛の爆速フレーズに、笑いが止まりません。このブランドン・コールマン、ライブの最初から最後まで本当に楽しそうに演奏していたのが印象に残っています。

youtu.be

Abraham / Miles Mosley

この日一番盛り上がったのは、ベースのマイルス・モズレーを大フィーチャーしたAbraham。ワウ等のエフェクトをかけたアップライトベースのソロから始まり、ボルテージが最高潮に達したところでバンドのサウンドが炸裂。ノリノリなリフの上でマイルスが歌う!叫ぶ! これがまた綺麗な声で。客席とのコール&レスポンスもあり、みんなで身体を動かしながら大合唱。曲が終わると、会場が崩れ落ちそうなぐらいの歓声が飛び交っていました。

個人的に一番楽しみにしていたのが、トニー・オースティン、ロナルド・ブルーナーJr.によるツインドラム。ほぼ全曲で、2人が同時に叩いていました。譜面に書かれているであろう基本的なビートは忠実に守りつつ、フィルインやチョップスを好きなように挟むスタイル。2人の息はピッタリで、お互いのプレイが干渉することはありませんし、バンドの邪魔にもなりません。これだけでも観に来た甲斐があった!

中盤、カマシの「トニーとロナルドの会話を楽しんでくれ!」という紹介の後、2人によるドラムデュオが始まりました。矢継ぎ早に変化するビートに合わせ、文字通り''会話''するようにフレーズを繰り出す2人。徐々に加速していくフレーズの加速度まで完全にシンクロ出来るのは何故…?ブレイクダウンの後、各人が思う存分にソロ。これはもう、完全にロナルド・ブルーナーJr.が持って行った。スピード、パワー、グルーヴ、全てのステータスが振り切れてます…ショックのあまり、次の曲の内容は記憶から抜け落ちました。。。(笑)

最後は、パトリス・クインが咆哮するMalcolm's Themeで〆。最高のステージを見せてくれたバンドに、観客は大歓声&スタンディングオベーション。退場時にはロナルドJr.がステージ脇のシンセをブーーーーーっと鳴らし、コールマンにシメられていました(笑)

客席の照明が付き、終演アナウンスが流れたにも関わらず、アンコールは鳴り止まず。サイン会に備えて会計を済ませたところで、メンバーが再入場!アンコールはThe Rhythm Changesディキシーランド風の温かいサウンドに包まれ、大円満で終演。ビルボードとしては驚異的な長さ(およそ2時間!)のステージに、幸せな身と心はクタクタ。会場を出た途端、とんでもない頭痛に襲われていることに気づきました。脳内麻薬ってあるんだ…

f:id:squaredjackets:20161206110817j:plain

カマシ・ワシントンと

f:id:squaredjackets:20161206110846j:plain

ロナルド・ブルーナーJr.と

サイン会ではカマシ、リッキー、ロナルドJrとお話ができました。来日直後に2セットのライブを終え、疲れ切っているところへ押しかけたにも関わらず、嫌な顔ひとつせずに笑顔で対応してくださりました。特にカマシはThe Epicの強面なジャケット写真、マツコ・デラックス並に大きな身体からは想像もつかないぐらい、優しくてハッピーな方でした。近いうちにまた大阪に来てくれることを願っています。

 

今日からはビルボード東京にて3日間、6公演が行われるそうです。関東の皆さん、マストですヨ!

 

The Epic [輸入盤 / 3CD] (BFCD050)_117

The Epic [輸入盤 / 3CD] (BFCD050)_117