squaredjacketsのブログ

365日をH棟で

音楽が好きな大学院生。のんびり。

君の変変変拍子からポリリズムが♪

変拍子ポリリズムが好きだ!

男なら誰しも一度は魅了されるであろう、複雑な拍子や入り乱れるリズムの妙。

みんな結構好きですよね?そうでもないですか?そうですか…

僕の度肝を抜いていった曲たちの一部をご紹介。

 ・変拍子系 (Don Ellis Orchestra)


Don Ellis Orchestra - 33 222 1 222

ジャズ界のオーパーツ、変態キング(命名:きゃっぷ)ことドン・エリス
映画「セッション」の原題にもなっているWhiplashはドン・エリスの曲です。テレビでもよく聴くメロディーになりましたが、あの曲も大部分が7/4拍子です。
微分音の出せるトランペットにスターウォーズ(???)みたいなエフェクトをかけてビートルズHey Judeをめちゃくちゃにしたり、MCで「じゃあ次はシンプルな27/16拍子の曲でリラックスしましょうか」と言ったり、ドン・エリスはとにかく変態な曲が多いのですが、初見のインパクトで言えばコレ。

3+3+2+2+2+1+2+2+2+2=19/4拍子

編成がツインドラム+トリプルベースな時点でお察しください。
ちなみに木管セクションにはクロスオーバー・フュージョンの黎明期を支えたサックス奏者、トム・スコットが参加しています。

 

ポリリズム系 (King Krimson)


King Crimson - live 1984 - Frame by Frame


キング・クリムゾン第4期より、Frame By Frameという曲。
一応、ポリリズムという位置づけで。
ギタリスト2人(ここではエイドリアン・ブリューロバート・フリップ)が7/4拍子13/8拍子のリフを同時に演奏、8分音符が1つずつズレることでディレイの様なズレが生まれ、何度か繰り返すうちにまたシンクロする…とても芸術点の高いポリリズムです。
昔、1人多重録音でコレを再現しようと試みたことがあったのですが、どちらかが確実につられます。
要忍耐力。

 

変拍子でも何でもない系 (Mehliana)



Brad Mehldau and Mark Guiliana - You Can't Go Back Now


ブラッド・メルドー(Key)マーク・ジュリアナ(Dr)による実験的ユニット、メリアナの処女作にして怪作。
「マーク・ジュリアナってドラマーとして何がスゴイの?」と問われれば、まずはこの曲から。
曲自体は何の変哲もない4/4拍子ですが、「6連符」「アクセントの位置ずらし」の組み合わせだけで異次元を演出してしまう技術力はオンリーワンでしょう。
あと、曲がメトロイドのBGMっぽくて好きです。

 

・謎の技術系 (Vijay Iyer Trio)


Vijay Iyer Trio - Human Nature


インド系アメリカ人ピアニスト、ヴィジェイ・アイヤーのトリオによるマイケル・ジャクソンのカバー。
パッと聴き、変拍子でも何でもなくない?
僕も初めて聴いた時は12/8拍子だ、と感じました。
ところがどっこい、実は13/8拍子です。(ピアノのメロディーに合わせて123,123,123,1234でカウントすると分かりやすいかと思います)

…トリックアートか何かかしら?

おそらく、ヴィジェイ・アイヤーが12/8拍子を13個に割っている or ドラムのマーカス・ギルモアが13/8拍子を12個に割っているからこう聴こえるのだとは思うのですが、どちらにせよド変態技術なので、深くは考えないことにします。

 

・もはや不明系 (Chris Dave & The Drumhedz)


www.youtube.com


ドラム界の(いい意味で)問題児こと、クリス・デイヴと愉快な仲間たち。
知らない人から見れば放送事故。
ギターのアイザイア・シャーキーも途中からアメイジング・グレイスを演奏し始めてしまう始末。
この曲は来日公演でも聴いたのですが、ドラムがみんなと合流したときに思わずイェイ!と叫んじゃうんですよね。
クリス・デイヴの思うツボです。

~~~~~~~~~~

なんやかんやでやっぱりジャズ畑の紹介に偏ってしまいますね。
コリン・ヴァロンなんかも変拍子ポリリズムに分類される曲が多いのですが、それだけで記事が1個書けてしまいそうなので、ここらで切り上げさせていただきます…

NO_ONE EVER REALLY DIES / N.E.R.D.

久しぶりの音楽ちっくなブログ。

先月リリースなので、2017年の新譜に相等するわけですが…

NO_ONE EVER REALLY DIES / N.E.R.D.

f:id:squaredjackets:20180114225040j:image

ファレル・ウィリアムス率いるN.E.R.D.のニューアルバム。

かれこれ5年の付き合いになるジャズ研時代の先輩と名盤・新譜を紹介し合うLINEグループで、このアルバムがスゴイ!と教えられたので、聴いてみました。

リアーナ、ケンドリック・ラマー、アンドレ3000エド・シーラン等の客演が豪華。ファレルに関しては歌もプロデュースも好きですが、今作はゲスト陣に釣られました。

ぐるりと聴いてみた感じだと、Don't Don't Do It!がエゲツない!

www.youtube.com

R&B系の曲(アーバン的なサウンドのイントロがちょっとEspeciaっぽい)かと思ったら、小気味良いリフでアップになり、中盤からケンドリック・ラマーによる怒涛のマシンガンフロウ。先輩の「ビバップの超絶ソロを聴いているときのような高揚感があった」というコメントは言い得て妙。

トラックとの相乗効果でノリにノッている時のケンドリックは本当にカッコいい。

ビヨンセFreedomとか…

www.youtube.com

フライング・ロータスNever Catch Meとか…

www.youtube.com

話が完全にケンドリックに持って行かれちゃいました。とにかく、客演のケンドリックは最高にヤバいよって話。

ちなみに、Don't Don't Do It!はノースカロライナであった警官による黒人の銃殺事件がモチーフだそう。

ノースカロライナ州シャーロットで警官が黒人男性射殺、抗議デモが暴動に

被害者の妻が銃を持った警官に対して、お願いだからやめて!(Don't Don't Do It!)と叫んでいるビデオ映像を見てインスパイアされたファレルが、このセリフにメロディーを加えて曲にしたんだそうです。歌詞にも当時の状況を示すフレーズが散りばめられています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

余談ですが、警官による黒人の銃殺事件をモチーフにした曲で、個人的に最も衝撃を受けたのが、ケンドリック・スコットのPhilandoという曲。

Kendrick Scott – "Philando" - YouTube

警官に撃たれ死にゆく彼女の恋人の姿を、Facebookで300万人が見ていた:米ミネソタ州|WIRED.jp

フィランド・キャスティルという黒人の青年が警官に射殺される様子が、フィランドの恋人によってフェイスブック上で生中継された事件。

その映像から引き抜いた音声を編集したものに、ケンドリック・スコットがドラムの生演奏を加えています。

惨状を伝える酷い音声と、怒りに近い表情のケンドリック、そして怖いぐらい淡々としたドラムの対比。

出来ることなら、こういった曲が作られることのない世界であってほしいなと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

余談、終わり。

N.E.R.D.の曲を聴くのは初めて、というかそもそもグループの存在すら知らなかったのですが、グループ名(誰も真の意味で死ぬことはない)やジャケ写のゴツさに敬遠するのは勿体無いぐらい、音楽的には聴きやすいアルバムでした。

ファレル・ウィリアムスの「自身のプロデュースと歌で、どんな曲でもポップな世界観に落とし込む」能力の高さが遺憾無く発揮されているように感じました。

ヒップホップの市民権はどんどん拡大していっているとは思うのですが、苦手意識のある人はかなり多いですからね。日本でも大ブレイクしたHappyはヒップホップというよりはマイルド系のファンク・R&Bですが、誰でも口ずさめるポップなメロディーは、ジャンルを越境して世界中から受け入れられました。そういったことが出来るのが、ファレルの"ウマさ"なのかなぁ。

引っ張った割には大したこと言うてないですね。

久しく新譜を聴いていないせいですっかりボケてしまった僕にとって、目の覚める1枚でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前から思ってたんですけど、ファレルの顔ってなんか…

f:id:squaredjackets:20180114222643j:image

見ていると不思議な気分になる。

顔立ちが綺麗な割に、目が笑ってないからなんでしょうかね?

 

ノー ワン・エヴァー・リアリー・ダイズ

ノー ワン・エヴァー・リアリー・ダイズ

 

 

不合格は不合格です。

 世間が騒いでいるような、そうでもないような、半騒ぎのアレ。

某国立大学の入試で採点ミスがあったというニュース。

mainichi.jp

僕は現役時代にその某大学を受けるも不合格、1年間浪人した末に合格したので、今回の件で追加合格になった方のことを思うと、ちょっと胸が苦しい。
しかも、僕が去年度まで在籍していた学科にも追加合格者が出たっていうのですから。

もしかしたら僕も一発で合格してたのかもねぇ、と思ったんですけど、得点の開示を請求したら合格点に50点ぐらい足りなかったことを思い出しました。今回の件でプラスされるのは素点で7点(ウチの学科に換算すると約18点)なので、どちらにせよ遠く及びません。残念だ。

何にせよ、追加合格になった皆さんには良い大学生活を送ってほしいです。間違っても、金土日に石橋駅前で飲んだくれて通行人に迷惑をかけたり、共通教育棟のピロティで深夜にゲロ撒き散らかしたり、キャンパス内でトラックを横転させたりするサークルには入らないでね。

そして、僕が博士後期課程に進学でもしない限り出会うことはないだろうけれど、ウチの学科に追加合格した人には授業の過去問を沢山あげます。

~~~~~~~~~~

f:id:squaredjackets:20180109172253p:plain

スッゴいどうでもいいんですけど、楽天の検索ツールで「大阪大学 採点ミス」と打ち込んだ時に出てくるこの関連ワードは何なんでしょう?

ジャズ?

www.youtube.com